道の話題 1「ローマ街道と江戸五街道」

ローマ街道と江戸五街道

「すべての道はローマに通ず」。良く耳にする言葉ですが、目的までの手段や方法は何通りもあるという例えで使われています。そんな格言になるほど古代ローマ帝国の道は各地から首都ローマに向かって集中していました。

ご存知の通りローマ帝国は、西・南ヨーロッパからトルコ、地中海沿岸の北アフリカにまでまたがる広大な領土を約500年にも渡って支配しましたが、それを下支えしたのが全長15万キロにも及ぶローマ街道だと言われています。このよく整備された街道は、帝国各地に散在する生産地と大消費地ローマとを結び付ける物流の大動脈としてローマ市民の生活を支えただけではなく、内乱や外敵の侵入が勃発した際には、領土内の隅々まで迅速に軍隊を移動して鎮圧することを可能ならしめた軍用道路だったのです。

当時、主食の穀物はエジプトやカルタゴなどの北アフリカから、ワインやオリーブ油はスペインやフランスから、衣服に使う羊毛は英国やドイツから、綿や麻はエジプトやシリアから、さらに陸や海のシルクロード経由で絹は中国から、香料はアラビアやインドからというように、経済のグローバル化が喧伝される現代顔負けの国際的物流がローマ街道によって成り立っていたのです。しかし、当時、水運の方が陸運よりも圧倒的に効率的で、実際、ローマ以前の交易国家は、ギリシャもフェニキアも海運が国の繁栄を支えたという点に思いを巡らすとローマだけが陸運で栄えたというのは何故だったのでしょうか?

答えは至ってシンプルです。元来、軍事目的で整備されたのですが、結果的として物の運搬路としても優れた機能を発揮したというのが真相でしょう。

すなわち、大軍団の迅速な移動を可能とした平坦で直線的なルート、最低3列での行軍可能な広い道路幅、天候が悪くてもぬかるむことなく重い武器の運搬が出来るコンクリートや石材による舗装、また、敵軍からの妨害を避けるため町をバイパスするといった軍事上の配慮が、現代の高速道路にも相通じる効率的かつ高規格な道路網を生み出したのです。

 

さて、目を転じて所は日本、時は江戸時代にタイムスリップしてみましょう。

「すべての道は江戸に通ず」とは言われることはなかった江戸五街道について、ローマ街道と比較して考えてみましょう。

まず、大きな相違点は、江戸時代の物流の中心は水運で、五街道は物の運搬路という役割はほとんど果たしていなかったという点です。五街道も軍事が主目的という点ではローマと共通でしたが、軍事戦略の違いが街道の造り方、性格を大きく変えたようです。

五街道では要所要所に関所を設け、人や物の出入りを厳重にチェックしました。特に東海道では江戸への武器の流入や人質の大名の妻子が江戸から脱出するのを阻止する「入鉄砲出女」と呼ばれる厳しい取り締まりが行われたとのことです。また、地方大名が反旗を翻した時に江戸に攻め上りにくくするために街道を遮る大きな川に橋を架けることを禁じるなど、ローマの機動力を駆使した攻めに対して、江戸幕府は守り重視。幕府軍を大挙して迅速に地方に遠征させるための整備された街道は必要とされなかったのでしょう。

「攻撃は最大の防御」という格言の語源はラテン語、あるいは、孫子の「兵法」とのことですが、日本の諺は、「待てば海路の日和あり」とか「果報は寝て待て」とか、どちらかと言えば受身系が多いような気がしませんか?

四囲を海に囲まれた山国・日本、一方、海に突き出た半島を南北に山脈が縦断するイタリア、似たような地形、大きさの両国ですが、昔の街道の造り方ひとつを取ってもお国柄の違いが垣間見られるものですね。     (N.K)