CSR 社会貢献活動

CSR(社会貢献活動)の考え方と取組方針

(1) CSR(社会貢献活動)の基本的な考え方

◯ 地域、社会のニーズに対応
◯ 企業理念及び基本ビジョンの実現
◯ 会社の資源(技術力・ノウハウ、人材、資産など)の有効活用

(2) CSR(社会貢献活動)取組方針

<”企業理念”実現のためのCSR>
◯ 安全安心で魅力ある社会基盤の建設により、持続可能な地域社会づくりに貢献

1) 社会基盤の建設の担い手の育成(子供や若者に建設業や土木の魅力を伝える活動)
*地元小学校での出前授業
*高校生を対象とした現場見学会
*HPでの話題提供
*学校の副教材として利用できる出版物の作成

<”基本ビジョン”実現のためのCSR>
◯ 北海道を愛し、地域とともに歩む

1) 災害時の地域住民への支援
*地域避難所で使用する非常用ポンプ、発電機、テント、ストーブを江別市に寄贈
*本社設備による災害支援: 自家発電設備による電気の供給、自家用井戸による地下水の供給
*災害復旧支援: 災害協定に基づく防災・災害復旧活動;ボランティア活動

2) 江別市都市公園指定管理における自主事業など
*市民のレクリエーションニーズに対応したイベントの実施
*公園の安全・安心・快適な利用を促進する施設整備
*公園内の自販機収入および地元フェスティバルの益金を江別市社会福祉協議会に寄付

3) 地域環境の美化
*篠津川の清掃活動

4) 工事現場での地域貢献活動
*地元行事の運営協力、資材提供
*現場詰所での草花修景、現場周辺の清掃活動などによる地域美化
*こども・シルバー110番の開設

◯ 身近な森を守り育て、子供たちに引き継ぐ

1) 公益財団法人草野河畔林トラスト財団の活動支援
*活動資金の提供及び人的支援により、北海道の自然環境の保護・保全及び道民の環境教育に貢献
(道民の環境教育の一環として小学校5・6年生を対象とした「自然環境教育(ハワイ島)ツアー」)

2) 江別市の環境保護・保全活動の支援
*指定管理公園内の自販機収入および地元フェスティバルの益金を江別市「水と緑の基金」に寄付

◯ 新しい時代に向かってチャレンジ

1) 江別市都市公園指定管理の公園自主事業において先進的な取組
*民間企業との連携により江別の魅力を全道的に発信するイベントを企画・実施

◯ 高い品質と技術へのこだわり

1) 新技術の開発、活用
*建設現場での経験により培ったノウハウを活用した新技術の開発及び活用
*新素材開発(十勝産のテンサイを原材料とした発酵ナノセルロース(NFBC))

CSR(社会貢献活動)の実施状況

北海道経済産業局から感謝状~北海道胆振東部地震後の復旧活動~

令和元年6月5日、北海道経済産業局から、北海道胆振東部地震で停電の影響で断水となった江別市浄水場の復旧への貢献により、感謝状が贈呈されました。
これは、地震後の浄水場の断水時に、大型発電機5台を速やかに調達し、市内の電力が復旧する前に浄水場を稼働させたことが、地域に対する社会貢献として高く評価されたものです。

 

江別市「水と緑の基金」及び江別市社会福祉協議会に寄付

令和元年5月31日、「水と緑の基金」として、江別市に寄付金19万2260円、江別市社会福祉協議会に寄付金19万2260円を贈呈しました。
これは、江別市の都市公園指定管理者として、公園の自動販売機と公園で開催されるスノーフェスティバルの益金(豚汁の販売収入)を毎年寄付しているもので、2013年から今年までの7年間で寄付金総額は、同基金が150万円余り、社会福祉協議会が130万円余りとなっています。

 

 

江別市にストーブ寄贈

江別市の避難所用としてストーブ20台を寄贈し、令和元年5月24日金曜日、江別市において贈呈式が行われました。
このストーブの寄付は、平成27年から続けられているもので今年で累計70台になります。
なお、平成27年以前は、毎年、防災テントやディーゼル発電機、水中ポンプなどを寄贈していました。

篠津川環境整備

2007年(平成19年)より毎年、地元・江別市の関係者らが実施する篠津川環境整備に参加し清掃ボランティアのゴミ拾いを実施しています。
石狩川に注ぐ篠津川周辺は、湖沼や河畔林が豊かな自然環境を形成しており、特に中津湖は市民の憩いの場やヘラブナの釣り場として親しまれています。

2019年

2016年の様子

2016年

2007年の様子

2007年

日本赤十字社献血功労団体表彰

平成28年11月10日木曜日、日本赤十字社献血功労団体表彰伝達式が行われ、同社北海道支部江別市地区長の三好昇市長から活動年数40年以上の当社が、銀色有功賞を授与しました。

団体表彰の画像

「建設業社会貢献活動推進月間」功労者表彰

平成23年7月28日木曜日、『江別市において、青少年育成を目的として平成16年から行われている「こいのぼりフェスティバル」で、開始当時からフェスティバルの牽引役を務めてきた』ことが評価され、一般社団法人全国建設業協会の平成23年度「建設業社会貢献活動推進月間」功労者表彰を受賞しました。

こいのぼりの写真
表彰状の画像

江別第一中学校にプール寄贈

1963年(昭和38年)7月に草野作工創立10周年記念事業として、創立地である上江別にある第一中学校にプールを寄贈。このプールの寄贈に対し昭和40年12月に日本国政府より褒状を賜りました。

褒状の画像