道路工事

道民の生活を支える道路づくり

道央圏連絡道路 長沼町 マオイ改良工事

工事着手前と着手後の写真

工事の概要

工事の目的

道央圏連絡道路は、千歳市を起点とし、小樽市に至る延長約80kmの地域高規格道路で札幌圏の連絡機能を強化し、地域間交流の活性化及び国際的な交流拠点の新千歳空港、国際拠点港湾苫小牧港、重要港湾石狩湾新港へ効率的な物流支援等を目的として整備が進められています。
このうち泉郷道路は、中央ランプ(千歳市)から南長沼ランプ(長沼町)に至る延長8.2kmの事業です。
当該工事は、道央圏連絡道路泉郷道路事業の一環として道路改良を行うとともに南長沼ランプへ接続するボックスカルバートを建設する工事です。

工事情報
工事名  道央圏連絡道路 長沼町 マオイ改良工事
発注者名 国土交通省北海道開発局
工事年度 平成23年度
工事概要
  • 工事延長…L=240m
  1. 道路土工
    • 路体盛土(採取土)…V≒57,000m3
    • 路体盛土(流用土)…V≒1,800m3
    • 植生工(張芝)…A≒4,600m2
  2. 法面工
    • 植生工(張芝)…A≒4,600m2
    • 排水構造物工ヒューム管(HP2-P1-D600)…L≒5m
    • ヒューム管(HP2-P2-D600)…L≒9m
    • PC管(PC2-P2-D600)L≒44m
  3. ボックスカルバート工(場所打函渠工)【B×H=13.6×7.4(4連)】
    • コンクリート(RC2-1)…V≒2,170m3
    • 置換工(RC-80)…V≒750m3
    • 積ブロック…A≒17m2

主要工種ボックスカルバート工の作業の流れ

写真

(1)掘削

写真

(2)基礎砕石 敷均し

写真

(3)基礎砕石 締固め

写真

(4)均しコンクリート 打設

写真

(5)足場組立

写真

(6)鉄筋組立

写真

(7)型枠取付

写真

(8)コンクリート 打設

写真

(9)足場解体