土木の話題 10「下水道の歴史 ~メソポタミア、インダスとナイルの違い~」

下水道の歴史 ~メソポタミア、インダスとナイルの違い~

日本のトイレ事情を振り返ると、私の幼少期の汲み取り式スタイルから、あっと言う間に水洗が普及し、今やシャワートイレが当たり前という時代。この半世紀で日本もずいぶん変わったなぁ、という感慨を持たれる世代の方も少なくないでしょう。

さて、この水洗トイレに不可欠なのが下水道。この文明の利器、最古のものが紀元前5000年頃のメソポタミア文明のウルやバビロンにあったというのは驚きです。
そして、インダス文明のモヘンジョ・ダロ(推定 B.C.3300~2700年)でも下水渠と最古の下水処理設備とされる沈殿池が発掘されたとのこと。では、4大文明のナイルと黄河には何故下水道がなかったのか?という疑問も湧きますが、この点は後で触れましょう。

時代は下りローマでは、最初の下水道”クロアカ・マキシマ(ラテン語で「大きな排水渠」)“の建設が紀元前615年に始まりますが、湿地帯だったローマの排水を目的としていたようです。その後、ローマでは、映画”テルマエ・ロマエ“で描かれたように公衆浴場でのコミュニケーションや娯楽が市民の重要な生活文化となり、紀元1世紀には多数の公衆浴場が造られました。下水道はその排水のために使われ、公衆便所や様々な公共建築物とも接続していたということで、公衆衛生の行き届いた清潔な街を連想された方もおおいことでしょう。
しかし実際は、ローマの下水道網は市街地の一部に限られ、貧富を問わず住居のほとんどは下水道とは無縁。その上、アパート上層階の住民による糞尿やゴミの道路へのポイ捨て、おまけに清掃サービスも皆無なのですから、かなり不潔な状態だったようです。
加えて当時の医師は風呂での療養を処方したので、清掃が不十分だった公衆浴場は、病人が持ち込んだ病原菌の繁殖地となり、健康な入浴者への病気の蔓延を促したとも言われます。

我々は下水道は公衆衛生のためのインフラと考えがちですが、どうやら中世までの下水道は、湿地や雨水の排水路として造られ、ついでに汚物を流すためにも使われたということなのです。確かに、感染症の原因は病原菌という現代の常識は、19世紀後半のパスツールなどの研究で初めて一般化したわけで、その昔は公衆衛生などという言葉すらなかったのですから当然と言えば当然です。

さて、時計を古代に戻して、エジプトと中国に下水道がなかった理由を探ってみましょう。
黄河に関しては、現代においても中国の下水道の整備基準が極めて低く、普及の進んでいない現状から類推できますが、エジプト・ナイルについてはどうでしょうか?
とても興味深い仮説がありますので、ご紹介します。
それは、ナイル川が「最も上品な川」で氾濫が規則的なため上流の水位観測で氾濫時期を特定できたから、という仮説(*注)なのですが、少し説明を加えましょう。
つまり、こういうことなのです。ナイル川以外の他の大河では氾濫が予測できなかったため、自然を支配している神を取りなす神官と神殿が重視されていたのです。そして、清めの水による沐浴(もくよく)を行う浴場が神殿には不可欠であったのです。そうしたわけで、その排水設備としての下水道が整備されたと言うのです。
一方、ナイルでは水位観測によって氾濫時期が特定できたので、神頼みの必要がなかったのです。それゆえ、神殿は少なく下水道の必要性も低く、氾濫時期を民衆に伝える王の権威は高まったというのです。ピラミッドなどの王を讃える記念碑が多いのはそのためだとか。。。中々面白い説ですね。

最後に下水道から衛生に少し話が飛びますが、古代イスラエル人の話題。
旧約聖書では、モーセが紀元前16世紀に奴隷だったイスラエル国民をエジプトから解放し、中東の荒野をさまようという映画“十戒”にも描かれた話が登場しますが、神から事細かな律法を啓示され、民衆を統率したとされています。
その中に「人目に付かない場所に小さなシャベルで穴を掘って用を足し、埋めるように」という律法があり、数百万人のイスラエル人の難民集団が皆それに従ったため、40年間もの長い放浪のテント生活だったにもかかわらず良好な衛生状態が保たれ、病気が流行することはなかったということです。
贅沢の限りを尽くしたベルサイユ宮殿の庭が排泄物だらけだったのとは何と好対照なこと。
見た目の豪華絢爛と真逆の清貧の裏にある真実を見極めたいものです。

*注 出典:「世界最古の下水道施設は宗教施設?」谷口尚弘;学会誌「EICA」第14巻第2・3合併号

(文責:小町谷信彦)
2019年4月第3号 No.59