土木の話題 5「バビロンの空中庭園 ~そこに見える古代土木技術の偉業~」

バビロンの空中庭園 ~そこに見える古代土木技術の偉業~

「七不思議は?」と問われたら、皆さんはいくつ挙げられますか?
よく使われるフレーズですが、日本の七不思議、〇〇さんの七不思議、〇〇業界の七不思議と色々とありますが、世界に目を向けてみましょう。
実は、この世界の七不思議には古代ギリシャ時代に数学者フィロンが選んだものと中世(14世紀以降と推定)に語り継がれたものとがあります。
現代でも世界の七不思議として紹介されることの多い「万里の長城」や「ピサの斜塔」は、「中世の七不思議」。世界中の建造物が選ばれていています。一方、「古代の七不思議」は、古代ギリシャ人にとっての世界観を反映して、エーゲ海周辺と中近東だけに限定されたもので、その代表例は「ギザの大ピラミッド」です。
この驚くべき巨大建造物は、底辺230m、高さ139mで平均2.5tの石灰岩を約270万個積み上げたとされています。そして驚くことはまだあります。なんと、底辺の誤差はわずか20cm、方位の誤差も数分という精密さで築かれ、内部の王室に使用された60tもある巨石をどのように運び込んだかという疑問とともにその建設法は謎に包まれていているのです。現代に至るも幾つかの仮説がありますが、定説となっていません。今もって未知のままなのです。

ところで、古代の世界七不思議には、もうひとつ古代土木技術の偉業とされるものがあります。それは、「バビロンの空中庭園」です。
階段で幾層にも積み重ねられた人工地盤上に様々な樹木が生い茂る砂漠のオアシスの西洋画をご覧になったことのある方もおられることでしょう。
この庭園を造るためには、優れた土木技術だけではなく、高い階上まで水を汲み上げる高度な灌漑(かんがい)技術が不可欠だったのですが、それが七不思議とされたゆえんでした。
しかし、現存するピラミッドと違い、こちらは遺跡も発掘されておらず、歴史的な唯一の資料は古代ギリシャの歴史家ヨセフスの「バビロニアの祭司ベロッソスが、紀元前290年頃にバビロニア王ネブガドネザルが空中庭園を建設したと記述」という引用文だけで、建設された場所すら明らかになっていません。
そんなわけで、東方の園の空想的な理想像を表現した神話に過ぎないとする説もありますが、旧約聖書(列王記第2、歴代第2)にも登場するアッシリア王のセンナケリブ(在位紀元前704-681年)がアッシリアの首都ニネヴェに空中庭園を造ったという記録を根拠として、最近の研究では、“空中庭園は実際にニネヴェの王宮内に造られたが何世紀も経過するうちにバビロンに存在したものと勘違いされた”、という学説が有力となっているようです。
元々アッシリアには、王宮の庭園を建設する伝統があり、山を伐開して運河で水を引き果樹園を整備していた歴史があります。センナケリブ王は、50kmを超える運河を山々から延々と引き、谷を渡る巨大な水道橋を築き、自動的に放水する水門まで造ったと自らの事績を碑文に記しているそうです。古代ローマに先駆けること約700年も前に造られたアーチ構造石造のこの水道橋、何とセメントで防水されていたといいますから驚きです。
ちなみに高所に位置する空中庭園に水を引くことができたのは、より高い山から水を引き、螺旋状の機械を用いて、さらに高い場所に水を揚げたとのこと。
「全ての人々にとって素晴らしいものを建てた」という豪語が碑文に書き記してあるそうですが、うなずける話です。

さて、時代は現代。古代においては七不思議だった空中庭園ですが、現代の技術を持ってすればたやすいもので、東京などの大都市では、屋上・壁面緑化や屋上庭園は普通に見慣れた風景になってきました。
しかし、推定面積7.5㎢(札幌・円山公園11個分)の古代首都ニネヴェに造られた一辺120mの正方形の空中庭園と比べると面積619㎢の巨大首都東京(23区)の空中庭園はなんとスケールが小さく、インパクトのうすいことか!
砂漠都市“東京"をオアシスに変えてくれる“現代版バビロンの空中庭園"の誕生を望むのは、やはり見果てぬ夢なのでしょうか?

大阪の「なんばパークス」は本格的な空中庭園の先駆けと言えると思いますが、潤いある豊かな外部空間を生み出しています。ヒートアイランド対策としても有効と言われる空中庭園。もっと注目されても良いと思います。

なんばパークス

大阪市の南海電鉄難波駅の南側に立地する複合商業施設で、元南海ホークスのホームグラウンド大阪球場の跡地再開発により第1期部分が2003年、第2期部分が2007年に開業。

「緑との共存」をテーマとして、3.3haの敷地に建設された地上10階、地下3階の建物の地上部分は階段状に造られ、屋上部分は約235種、約40,000株の植物が植えられている。

(文責:小町谷信彦)
2018年10月第2号 No.41