防災の話題 3「災害の雑学 」

災害の雑学

毎年、日本漢字能力検定協会が、「今年の漢字」を全国から募集しますが、2018年の最多応募は「災」という字でした。北海道胆振東部地震をはじめとした各地での地震、西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、災害に明け、災害に暮れた一年と感じた方々が多かったのでしょう。

さて、その「災」から災害の雑学です。まず、その1。みなさんは「災」という漢字の語源はご存知ですか?
ヒントは、象形文字。そう書くと、もうお分かりですね。
上の「く」が三つ横に並んだ部分は「川」ではなく「川の氾濫を堰き止めるために建てられた良質の木」を表し、下の「火」の部分は「燃え立つ炎」を表しているのです。
漢字の元祖、古代中国では、水害と火事が災害の代表選手だったのでしょう。
一方、日本の格言「地震、雷、火事、おやじ」には、洪水がランクインしていないのが不思議ですね。

それでは、英語の場合はどうでしょうか。
「災」(災害)は英語では、disaster(ディザスター)ですが、 dis(ディス=離れて)+ a ster(スター=星) から「幸運の星から離れることで起きてしまう事象」が語源。ちょっと神秘的で、ちょっとだけロマンチックな感じもします。
このdisaster(ディザスター)は、想像がついたと思いますが、占星術と密接に結びついた言葉だったのです。
現代でも政策を決めるのに占星術師を招くだの、どこまで本当なのか分からない話も出てきますが、占星術の歴史は、中々興味深いものがあります。
その起源は、大規模な天体観測が行われていた紀元前2000年の古代バビロニアまで遡り、そこからギリシャ、インド、アラブ、ヨーロッパ、中国と文字通り世界中に伝播したようです。
理科系の方ならば、「ケプラーの法則」を覚えておられるでしょうか?
ガリレオの発見を先導した偉大な天文学者ケプラーは、実は占星術師でもあったそうで、生活費を占星術で稼いでいたとのこと。彼が占星術を単なる金儲けの手段としていただけなのか、本当に信じていたのかは、学者の間でも見解が分かれる謎だそうです。

現代では、さすがに占星術で災害を予測しようという科学者はいませんが、災害の原因となる異常気象と天体の運行との関係については、科学の対象として研究されています。
日本の気象にも影響することからニュースで話題にもなるエルニーニョ現象(ペルー沖の海域の海水温上昇)は、発生のメカニズムがいまだ不明ですが、月の潮汐力が熱塩循環に影響を及ぼして発生している可能性があるという研究発表もあり、今後の研究の進展に期待したいところです。

では、雑学その2です。皆さん、「エルニーニョ」の意味をご存知でしょうか?
この発音と発生地がペルーということから連想して、スペイン語では?と思われた方は鋭いです!スペイン語で「イエス・キリスト」という意味で、エルニーニョ現象が12月のクリスマスの頃に起きることが多いことからそう名付けられたそうです。
一方、エルニーニョとは逆の海水温低下現象がラニーニャですが、その意味はというと、同じくスペイン語で「女の子」という意味だそうです。これは、「エルニーニョ」に「男の子」という意味もあることから、対をなす「女の子」と命名されたわけです。「男の子」でも「女の子」でもどちらにしてもありがたくない話ではありますが。

ところで、よく一般的に使われる「天災は忘れた頃にやってくる」は、明治時代の科学者“寺田寅彦”の名言とされてきましたが、そういう文書や記録は実はないそうです。防災に関する随筆でそういった趣旨のことが書かれていたものを、彼の弟子で世界初の人工雪製作者として知られる中谷宇吉郎が師の言葉として広めたというのがことの真相のようです。
しかし、昨今は、世界的に「天災は忘れない頃にやってくる」状況ですが、それを「そこからここへと食糧不足や地震がある」という聖書預言の「終わりの時」と考えるかどうかは別として、「災いを見て身を隠すものは明敏である」という言葉に従って、いざという時のための備えには万全を期したいものです。

雑学を2つと書きながら、もっと多くの雑学を書いてしまったことに気づきドキっとします。これもコラム担当者に降りかかる『災い』なのかもしれません。

(文責:小町谷信彦)
2019年3月第2号 No.54