橋の基礎知識

橋の構造


上部構造
 : 橋の構造は上部構造と下部構造に分かれ、上部構造は支承より上の部分(主桁、床版など)

下部構造 : 支承より下の部分で、上部構造を支える部分(基礎、橋脚、橋台など)

基礎   : 橋の構造物を支える部分

橋脚   : 橋台の間に配置され、橋を下から支える柱

橋台   : 橋の両端で橋と道路を接合し、道路側の擁壁としても機能

橋長   : 橋全体の長さで、通常左右両岸の橋端にある伸縮目地の外側までの距離

支間長  : 橋脚と橋脚の間や橋脚と橋台との間の距離

主桁   : 上部構造全体の荷重を下部構造に伝える桁

床版   : 桁の上部で車や人の通路となる部分

支承   : 上部構造と下部構造の接点に設置され、上部構造の荷重を下部構造に伝達

伸縮装置 : 温度変化による橋の膨張・収縮を調整するために路面に設置する装置

 

橋の構造形式

橋脚(橋台)の上に桁を掛ける最も一般的な形式の橋

棒状の部材を三角形になるように接合した骨組みで造る橋

橋写真1

アーチ形状(上向きの弧)の骨組みで造る橋で昔から一般的に使われていた構造形式

 

 

橋写真

ラーメン構造(主桁と橋脚、橋台が剛結合された骨組み)の橋

 

橋桁を空中に張ったケーブル、ロープで吊り下げた橋

橋桁を支点となる主塔から斜めにケーブルで引っ張る構造形式で吊橋の1種

(模式図の出典:国土交通省北海道開発局ホームページ)

橋梁下部の工法

さまざまな基礎工法

ニューマティックケーソン工法

ディープウェル工法

歴史的な工法

井筒工法の施工手順