川の雑学

知っておきたい河川用語集

川の種類 一級河川と二級河川は何が違う?

川は大小さまざまですが、総称して河川といいます。
河口から最も遠い谷から河口までつながっている川を、その川の本川または幹川(かんせん)といいます。
本川に合流する川を支川といいます。なお、本川に直接合流する一次支川と一次支川と合流する二次支川とに区別する場合もあります。
逆に本川から分かれる川を派川と呼びます。
そして、本川とそれにつながる支川、派川全体を水系と言います。

 
(出典:国土技術政策総合研究所HP 河川・本川・支川(かせん・ほんせん・しせん) (nilim.go.jp)

河川は、河川法に定められている「一級河川」、「二級河川」と河川法の規定を準用する「準用河川」、河川法の対象外の小河川の「普通河川」に分けられます。
「一級河川」は、国土保全上または国民経済上特に重要であるとして政令により指定された水系(一級水系)で国土交通大臣が指定した河川で、国が管理する区間(指定区間外区間)と都道府県知事が管理する区間(指定区間)とに分けられます。
「二級河川」は、一級水系以外の水系で、公共の利害に重要な関係のある河川で都道府県知事が指定、管理します。
「準用河川」は、一級河川、二級河川以外で管理上ある程度の行為制限を要する河川で、市町村長が管理します。
「普通河川」は、市町村長が管理します。

いろいろな堤防

丘陵堤(きゅうりょうてい)

通常より堤防の傾斜を緩やかにすることによって、堤防の強化を図るとともに、水辺に近づきやすくして人々にやすらぎとうるおいのある空間を提供する堤防。なお、十勝川下流や石狩川下流の丘陵堤は、軟弱地盤上に堤防を建設するために必要となっているものです。
(出典:国土交通省北海道開発局 河川用語集 か行 |帯広開発建設部 (mlit.go.jp)

 

丘陵堤の法勾配は十勝川では5割(1:5)となっています。

越流堤(えつりゅうてい)

遊水地などで計画的に部分的に低く作られた堤防。洪水時に一定の水位以上になれば自然に川の水が堤防を越えて流出し、洪水の一部を調節するもの。

(出典:国土交通省北海道開発局札幌開発建設部 河川整備計画の概要 |札幌開発建設部 (mlit.go.jp)

霞堤(かすみてい)

堤防の一部を連続させず、洪水の一部を氾濫させて下流に硫化する洪水の量を少なくしたり、上流で氾濫した水を速やかに河川に戻すために用いる方法。
(出典:国土交通省北海道開発局 帯広河川事務所 私たちの仕事 治水 |帯広開発建設部 (mlit.go.jp)

高規格堤防(スーパー堤防)

高規格堤防は、現在整備されている堤防の計画規模を超えるような極めて大きな洪水が発生した場合でも、堤防が決壊することを防ぎ、洪水の氾濫により沿川市街地に壊滅的な被害を引き起こすことがないよう従来よりも幅の広い堤防の整備を行う事業です。事業は、既存の住民への影響をできるだけ少なくするために地域のまちづくりや土地利用転換等にあわせて実施しています。
(出典:高規格堤防整備事業 | 荒川下流河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局 (mlit.go.jp)

二番堤(にせんてい;控え堤)

堤防の背後(堤内地側)に作られる1本めの堤防のことをいい、万一、1本目の堤防が決壊した場合に、洪水氾濫の拡大を防ぎ被害を最小限にとどめる役割を果たします。
(出典:国土技術政策総合研究所HP 二線堤(にせんてい) (nilim.go.jp)

輪中堤(わじゅうてい)

堤防によって周囲を囲まれた地域を輪中といい、この周囲の堤防を輪中堤といいます。輪中は江戸時代に作られたものが多く、木曽三川(木曽川,長良川,揖斐川)の下流の濃尾平野の輪中が有名です。
(出典:国土交通省HP No.12 二線堤や輪中堤の整備 | まち全体で、みんなで水災害に備える | 水災害に備える | カワナビ (mlit.go.jp)

背割堤(せわりてい;瀬割堤)

2つの河川が合流したり、となりあって流れるために、流れの異なる2河川の合流をなめらかにしたり、一方の川の影響が他の河川におよばないように2つの川の間に設ける堤防。
(出典:国土交通省北海道開発局 河川用語集 さ行 |帯広開発建設部 (mlit.go.jp)

導流堤(どうりゅうてい)

河川の分合流、河口などにおいて、流れの方向、土砂の堆積、河口閉塞などを改善するために設置される堤防。
(出典:国土交通省北海道開発局 河川用語集 た行 |帯広開発建設部 (mlit.go.jp)

防潮堤(ぼうちょうてい;高潮堤防)

台風や強風により海の水面(潮位)が通常より高くなることを高潮といいますが、高潮により海面が堤防より高くなると、海岸線や河口部の低い土地では浸水被害が発生します。防潮堤は、この高潮を防ぐための堤防で、高潮堤防とも言います。
(出典:国土政策技術総合研究所HP 河川用語集~川のことば~ (nilim.go.jp)

防波堤(ぼうはてい)

外洋から打ち寄せる波を防ぐために海中に設置された構造物で、波浪から港湾の内部を安静に保つことや、津波や高潮の被害から陸域を守ることを目的として作られます。

(出典:国土交通省四国地方整備局 知っ得豆知識|高知港湾・空港整備事務所 (mlit.go.jp)