わたしたちの職場

”ワンチーム” チームが人を支え、仕事が人を育てる

ニュー6K

給料が良い -無借金経営・年俸制・老舗ブランド-

無借金の健全経営

工事発注格付がスーパーゼネコンと同列のAランクで、主に数億円規模の大規模公共土木工事を施工。30年を超える無借金経営を誇りとしている超優良企業です。

経営イラスト

年俸制なので安定収入

建設業は、景気動向を反映した公共事業の発注額の増減により、会社の業績も変動し、ボーナスに影響するケースが一般的です。しかし、草野作工は、業績に左右されない年俸制を採用し、安定収入を保証していますので、長い視点での生活設計を安心して組むことが出来ます。

老舗ブランド、知財経営と保有資産

創始者 草野眞治が、北海道三大名橋の旭橋、旧豊平橋の施工実績等により「橋梁の草野」として名を馳せ、草野組、草野作工(株)と時代とともに組織を発展させ、大正時代以来の土木工事の老舗ブランドとしての今日の評価を得るに至りました。

現在は、その1世紀にわたる伝統を引き継ぎつつ、最先端技術を積極的に導入し、知財経営にも注力しています。取得した多数の知的財産(特許、商標、実用新案、意匠など)は、我が社の貴重な保有資産として、不況時においても、安定経営が継続できる源泉になっています。

休暇が多い -完全週休2日制・転勤なし-

完全週休2日制

建設業界の先鞭を切って「完全週休2日」への移行を宣言しています。また、年休の完全消化や夏休みの一斉休業など、休暇取得促進のための環境整備に努めています。

家から通える職場

規模拡大や過剰な利益追求に走ることなく、地域に根差し、社員の職場環境を重視した健全経営に徹していますので、受注工事の9割以上が札幌圏。道外への出張もなく、住居からの通勤を前提として、マイホーム取得など、安定した生活設計が立てられます。なお、本社の近くに社宅(5棟)も用意されています。

危険回避対策の徹底 -安全教育・安全システム-

安全教育の徹底と安全システムの導入

工事現場は、安全衛生教育の徹底と最先端IT技術の活用により、無事故無災害を目指しています。

絆で結束 -チーム草野・若手の活用-

チーム草野

役職員62名の中規模の会社なので、幹部と社員の距離が近く、社員同士の絆も強く、しっかりした規律の中にもなごやかでおおらかな雰囲気に包まれた、とても風通しの良い会社です。いわば「チーム草野」の団結意識から、社員相互の助け合い精神も旺盛で、先輩、上司が新人や若手を一人前の現場技術者として独り立ちできるようにサポートしています。

若手の活用

草野作工は、幹部が若い社員の意見にも耳を傾け、良い意見ならば年齢に関わりなく積極的に取り入れる柔軟な姿勢の会社で、将来を担う若手の育成を視野に入れて、会社の様々な仕事を経験する機会を設けています。

① 会社紹介用動画制作ために若者中心のプロジェクトチームを設置

新人などの若手社員5人のチームに企画段階から任せ、若い感性を活かした動画づくりを進めました。

若手社員チームと映像制作会社との打ち合わせ

 

② 「ブランドコンセプト会議」で若者の意見を活用

2035年の創業100年に向けて、会社の目指す中長期的な方向性、ありたい姿などを幹部と中堅・若手社員の代表者が自由に議論する場として「ブランドコンセプト会議」を設置し、会社のブランド化のための基本的な方針を検討しています。この会議は、幹部3名と中堅社員4名(内、女性社員1名)に若手社員3名(30代1名、20代2名)を加え、若者の意見を積極的に取り入れています。
10月7日の開いた第2回の会議では、専門デザイナーのコーディネイトにより、各メンバーの意見をカードにしてテーブルに並べて可視化して、和やかなムードの中で活発に討議を進め、類似の意見カードをグループ化することにより意見集約を図りました。(以下の写真は第2回会議の様子)
会議は合わせて4回開催し、現在の会社の「哲学」及び「スローガン」はこの会議の検討結果をベースとして決定されました。

 

  

 

③ 漫画「橋づくり名人ものがたり」の動画制作に社員が声優として参加

漫画「橋づくり名人ものがたり~草野真治の生涯」に音声を加えて動画を制作しました。
主なセリフはプロの声優にお願いしましたが、脇役のセリフは社員6名が声優として参加して制作しました。

③ 新入社員研修で若手職員が講師として指導

新入社員研修で入社2~4年目の若手先輩社員が測量実習などの講師として参加し、新人を指導すると同時にコミュニケーションを図ることにより同世代の若手社員相互の絆を強めています。
 

 

きれい -緑に囲まれた本社・きれいな現場-

緑に囲まれた本社・きれいな現場

本社は、JR江別駅から徒歩約10分の市街地にありますが、芝生と木々に囲まれた約1万坪の広大な敷地内の社屋は、まさにオアシス。仕事の合間に目に映る窓越しの風景は、高原リゾートさながらで、心身をリフレッシュさせてくれます。 また、工事現場も冷暖房付きので整然とした現場事務所と清潔・快適なトイレを完備し、従来の汚い現場イメージを一新しています。           整然とした現場      
カッコいい -ものづくり-

子どもたちに誇れるものづくり

草野作工が手掛ける数億、数十億円規模の土木工事完成物は、一つ一つが現場担当者の作品です。孫、子に語れる壮大な仕事と言えますが、少数精鋭の当社では、若い時代から責任ある仕事が任され、やりがいがあります。