Interview2. 土木部 神原 宏志

  • 中途採用 2014年入社
  • 職種:技術職
  • 室蘭工業大学建築システム工学科卒業

現場も子育ても、どちらも大切に!

草野作工はどんな会社?

大きなモノがつくれることが魅力で、土木を学び、新卒で大手ゼネコン系企業勤務を経て、草野作工に入社しました。ここに来て、一番驚いたのは、役員がとても一生懸命で、考えていることがよく見え、伝わること。いい意味で役員と社員がフランクな関係が築かれていると感じました。そのせいか、みんなで力を合わせて良いものをつくりたいという気風に満ちています。現場の雰囲気も同様ですから、そこに関わる人のこだわりが隅々にまで行き届いているような気がします。そういうモノづくりができる会社に出会えたことに喜びを感じています。また、やってみたい新しい技術への取組みや職場環境の改善など、コストがかかることも現場から会社に提案すると、一緒に考えチャレンジさせてくれることが多く、やりがいがあり、仕事を楽しむことができます。

以前の職場との違いは?

かつては本州勤務が多く、転勤生活でした。草野作工は江別近郊の現場が大半で、転勤もなく、毎日自宅から現場に通うことができます。就業時間や給与体系もしっかりしているから、入社後、迷うことなくマイホームを購入しました。わが家には小学校2年から1歳まで、育ち盛りの子どもが3人います。その成長を日常で間近に見ていられること、妻と一緒に子育てを楽しめること。趣味に、家庭菜園の手入れが加わったこと。現場の最前線に居ながらにして、よき家庭人でいられる。この業界では、ほかでは実現できない幸せだと思います。

仕事のやりがいは?

少しでもきれいに、格好よくモノづくりをすることに、みんなで一生懸命になれるのが楽しいんです。それから、頑張れば数十、数億円の現場を責任者として運営できること。現場でたくさんの人とコミュニケーションをとりながら工事を完成させることから、人間的にも成長できる仕事だと思います。このほかにも、営業力、相手の立場に立ってモノを考える力、利益のバランスを考えながら材料や機械、人の手配し目標を達成する実行力、経理的な力など、現場には幅広い知識とスキルを蓄えることができます。つくるモノが大きい分だけ、やりがいも大きい仕事だと思います。何より、子どもに「これがお父さんの仕事だよ」って見せられるのが、嬉しいじゃないですか(笑)。

つくるモノが大きい分だけ、やりがいも大きい仕事