都市公園指定管理

江別市は、民間のノウハウや創意工夫によって、公共施設の利用者サービスの向上や管理運営の効率化、経費の削減を図るため、条例を制定し、平成20年度から民間事業者やNPO法人、地域の自治会などに公共施設の管理を委任する指定管理者制度を導入しています。指定管理者は、江別市が4年ごとに公募をし、市選考委員会による厳正な審査、選定を経て、市議会の議決によって決定されます。平成24年4月から草野作工が指定管理者に選定され、市内の都市公園226か所すべての管理・運営を担っています。

江別市都市公園指定管理者ページ

公園写真1
公園写真2