最先端事業

i-Constructionの取り組み

工事において積極的に最先端技術の活用に努めています。
国土交通省は、測量・設計から施工・検査、維持管理・更新までのすべてのプロセスにおいてICT技術を導入し統合的にデータ管理するi-Construction(略称i-Con)の普及・活用を推進することにより、工事の生産性の飛躍的な向上と建設労働者の賃金、労務環境の改善を目指していますが、草野作工では、施工の分野でi-Conをいち早く導入し、マシンコントロール(3DMC)技術の活用等により施工管理の効率化や工期の短縮を図っています。

i-Constructionの活用プロセス

(1)3次元レーザースキャナーにより起工測量を実施。

レーザースキャナー

レーザースキャナーでの起工測量の様子

点群データのイメージ

点群データ

(2)3次元設計データを作成。

3次元設計データ

3次元設計データ作成

3次元出来形計測・帳票

3次元出来形計測・帳票作成

(3)3次元データを重機に読み込ませ、i-Con仕様のブルドーザ、バックホウ、ローラーで、設計どおりの施工を実現。

3次元設計データ作成の様子

3次元設計データ作成

ブルドーザー、バックホウの写真

3DMCでの施工